USB Type-C端子を搭載し変換ケーブルも付属

2019年5月上旬に発売された、Type-C端子搭載のUSB 3.1(Gen2)対応ポータブルSSD「SSD-PHU3-Aシリーズ」は、NVMe SSDを採用しType-Cケーブルを使用したUSB3.1(Gen2)接続時では、バッファロー測定によると、約1,000MB/sのリード速度を実現し、高速にデータを転送することができます。本体の素材には金属筐体を採用しているので、SSDの放熱を効率よく行うことができ、連続使用の際も速度低下が起きにくく快適に使用できます。

USB Type-C端子を搭載するSurface GoやMacBookに接続できるのはもちろん、USB Type-A端子搭載のパソコンと接続するためのUSB Type-C to Aケーブルも付属しているので、一般的なUSBポートにも接続できます。Type-A端子に接続時と、Type-C(Gen1)端子の場合はUSB 3.1(Gen1) 動作となるので注意が必要です。

「SSD-PHU3-Aシリーズ」は振動や衝撃にも強く、米国MIL規格「MIL-STD-810G 516.6 Procedure IV」に準拠していて、万が一の落下による衝撃や、移動中の振動から保存されたデータを守ります。本体サイズは約103×31.5×9.8mmとコンパクトなボディー、重量も約40gと非常に軽量なので、邪魔にならず持ち運ぶことができます。容量は250GB、500GB、1TBの3種類。カラーバリエーションはブラックのみです。


BUFFALO USB3.1(Gen2)対応 ポータブルSSD 250GB ブラック SSD-PH250U3-BA
バッファロー (2019-04-27)
売り上げランキング: 21,250