カバーを外した時点で、メーカーの保証が効かなくなると思うので、やる方は、自己責任でお願いします。

パソコンで格闘ゲームをやるためにMad Catz製のファイトパッドS.Dを買ってはみたものの、十字キーの斜めが全然入らねー、なんだこの糞パッドはと、窓から捨てた方もいるんじゃないでしょうか。そこでXBOXのコントローラーに厚紙を挟むという方法が有名なので、それを真似してやってみることにしましたが、厚紙だとどうも使用感が悪かった(使った厚紙が合わなかっただけなので、いろいろ試せば合うのがあるかもしれない)ので、製品パッケージの透明のプラスチック板でやってみました。

とりあえずカバーを外す、赤丸の部分で8本あります。
fpad1

背面カバーを外すと、基板があるのでそれを外します。ネジは赤丸の4本、黄色い丸は、十字キーの切り替えスイッチで、簡単にとれてしまうので、無くさないように注意が必要です。
fpad2

基板を外すとこんなかんじです。ボタン押した時に引っかかりを感じる場合は、ボタンを外して適当にバリをカッターなんかで削ったら、改善すると思います。
fpad3

十字キー部分のこの黄色い線のような感じで、プラスチックの板を切っていきます。真ん中部分は丸く飛び出てるので穴を開ける必要があります。
fpad5

とりあえず、こんな感じで切ってみました。透明なので、十字キーの部分に置いてマジックかなんかで、印をつけるとやりやすいです。カットは微調整しながらちょっとずつ切っていく感じでした。
fpad7

十字キーとゴムの間に入れて、カバーを閉じて使ってみた感想は斜めにはちゃんと入るようになり、コマンドも出るようになったが、ちょっと右だけ押すのが硬い感じだったので、微調整をしてみた。赤丸の部分を少しカットして細くしてみた、この部分が十字キーの右側に当たるように置く。細くしたら柔らかくなるのかは自分でもわからない。
(パッドの個体差かもしれないので、一回上の状態で操作性を試してからカットする場所を考えたほうがいいと思います。)

BlogPaint

少し押しやすくなった気がするが、もうちょっと細くしたらいい感じかもしれない。しかし、またカバーを開けるのがだるいのでここで妥協。

fpad10

見づらいけどこんな感じで入れます。左側が十字キーの右側です。

結果的に、斜めが入らなくて窓から捨てるしか無いという事はなくなったし、コマンドもちゃんと出る(難しい連続技等は、私の腕が残念なのでもともと出ない)、大成功とは言えないしても、かなり改善したんじゃないかなと思います。
ただひとつ残念なのが、ファイトパッドSDがほぼ在庫切れの時が多く入手困難になってしまった事です。たまにサガットモデルが2000円ぐらいでAmazonで売ってたりします。

※どこのお店でも売り切れてるようです。